青森B写真

↑会場入口 東京の真ん中に青森出現! 本日(11/28)、「青森下北半島げんき祭」へ行ってきました。規模も人出もある程度は予想していたのですが、その想像を遙かに超える賑わいでビックリ!(デーリー東北09_11/28記事)「青森ブロガー写真展」と称された電子展示コーナーは会場の入口にあり、来場した方々に青森県下北半島の雰囲気を知ってもらうイントロダクション的扱いとなっておりました。「来場した人達が青森ブロガーの写...

げんき祭開幕

↑イベントのパンフレット(GR DIGITAL II ) 本日(11/27)より、東京都有楽町東京フォーラムご飯ミュージアムで「青森下北半島げんき祭」が始まりました。品川におりましたのでお昼休みにちょっとだけ覗いてきました。「電気のふるさとである青森県下北地方を、むつ市、六ヶ所村、東通村のものを中心とした物産販売・観光紹介等を通じて電力消費地である首都圏の方々に紹介し、同地方への関心・理解を促進すること」を目的とした...

青森を忘れない

↑我が家の玄関の一番目立つ場所にはいつも青森があります今更ですが、わたくし2001年1月~2002年2月の1年間そして2004年4月~2007年3月までの3年間、正味4年間青森県三沢市に単身赴任しておりました。2001年に初めて青森に行く際、事前にインターネットで色々と青森県のことを調べたのですが、ほとんど情報が出てこず、不安を抱いたまま青森へ行ったことを想い出します。不安一杯の青森でしたが、実際に生活をしてみると素晴らしい...

下北げんき祭

↑やっぱりホタテだよねぇ。 (六ヶ所村泊地区の魚政さん 2006_3/25)11月27日(金),11月28日(土)東京都千代田区丸の内にある東京国際フォーラムで青森のイベントが行われます。「でんきのふるさと 青森下北げんき祭」 東京電力が主催のこのイベント、電気のふるさと下北半島(むつ市、東通村、六ヶ所村)の魅力を物産販売・観光案内を通じ紹介するというものなのですが、このイベントの一角(入口?)で青森ブロガーの写真...

北斗が好き

↑今年もながさき屋さんから第一陣が到着しました。いつもお世話になっている大鰐町にあるアップルショップながさき屋さんから沢山のりんごが届きました。段ボールを開けると何とも言えない甘い香り。。。中にはサンフジ,王林そして北斗が。北斗(ほくと)は、青森で知ったりんご種です。糖度は特別高くはないのですが、適度な酸味と甘さのバランスが素晴らしく香りが豊かで果汁の多いお気に入りのりんごです。ツルワレが出来るこ...

青い森のいくら

↑もう、イクラ食べまくりです!(嬉)青森の友人たぁしさまからイクラがドッサリ届きました。今夜は超いくら丼で青森の秋の恵みを堪能です。ぽん太さまのブログで拝見しましたが、この前の土曜日おいらせ町で恒例の「日本一の鮭まつり」が行われたそうですね。青森に居たときには何度か参加したこのイベント、このイベントが終わると青森に冬が来ていたような気がします。きっと寒いんでしょうね。そうそう、今年は神奈川県の河川...

東北B-1開催

↑前回第4回B-1グランプリの優勝 横手焼きそば (06_2/19 第一回B-1グランプリ八戸)先日の青森旅行の八食センター七輪村の記事でちょこっと紹介しましたが、来月12月5日,6日に八食センターでB-1イベントが行われるようですね。(東奥日報09_11/13記事)「東北B-1グランプリin八戸」東北のB級グルメが集合するこのイベント、数種類だけかなと思っていたら結構な数が出るらしいです。最近のB-1グランプリにならい一昨日(11月13...

はやて消滅?

↑何度ここから乗り降りしたことか。。。(05_11/5 東京駅)11月12日、JR東日本が2010年12月の東北新幹線八戸-新青森の開業に伴い「はやて」の名称を廃止する方向で検討を進めているそうです。(Yahoo!ニュース09_11/12記事)2011年3月に新型車両E5系が導入に合わせて新たな名称に変わる見通しなんだとか。以前、東北新幹線が八戸まで開通したとき(2002年~2003年)は、三沢市に一回目の単身赴任中で、新幹線の名称公募に応募し...

奇跡のリンゴ

読む本をあまり紹介しないのですが、今回は特別。奇跡のリンゴ 今更ですが、読んでマス。読んでると泣けてきマス。。。こちらもよろしく。蒼い海BLOG...

09秋_報告終了

↑今年も素敵な秋の青森でした。 (09_10/19 十和田湖102号線)22回にわたり報告してきた今回の青森旅行(10/18~10/20)。まだ少し話題はあるのですが、この辺で終了したいと思います。出会いあり、初めての体験ありと、とても楽しい旅行でした。やっぱり青森は素晴らしい!報告を続けているうちに青森県内で初雪もあったそうですね。季節は確実に冬に向かっているんですね。青森を離れてから冬に青森へ里帰り(笑)したことない...

09秋_田んぼA

↑なんかたわしみたい 「ほんにょ」の大きさからその大きさが実感できると思います。青森旅行の最後に立ち寄ったのは、田舎館村の田んぼアートでした。到着したのは16:50! 観覧時間は終了しており既に天守閣は閉まっていたのですが、「神奈川から来たんですぅ~。これを観て神奈川へ帰りたいんですぅ~」と瞳をウルウルさせ頼み込んで中に入れさせていただきました。(苦笑)1993年から始まったこの田んぼアート、17年目となる今...

09秋_アウガ地下

↑マルケイ平野のマスコ 青森駅東口前にある商業複合ビルアウガ、その地下1階に青森の海産物を購入できる市場があります。「アウガ・新鮮市場」港の市場がそっくり地下に移動したような雰囲気のこの場所、新鮮な魚介類も乾物も美味しい魚料理もいっぺんに楽しめちゃうお得なスポットです。いくつかなじみのお店があるため青森県駐在中から現在に至るまで何度も通っているんですよ。今回の旅行でも立ち寄ってきました。まずは魚卵屋...

09秋_空の平

↑なんともシンプルな佇まい以前紹介しましたが、青森県は人口10万人あたりの公衆浴場数日本一、温泉地数全国4位、湧出量全国4位という一大温泉地なんです。やっぱり青森に来たら温泉に入らないとね。今回チョイスしたのは、黒石市の山奥、青荷温泉に向かう途中にある「空の平高原温泉」山間を走る道に突然出現するプレハブ小屋、料金箱に入湯料200円を入れて入る無人の湯小屋です。どうせ行くならこれくらい素朴で情緒がないと。(...

09秋_七厘村

↑ちょっとだけのつもりだったのに、次から次へと。。。生鮮食品を取り扱う食品市場、そして青森の食材と料理を楽しめる八戸市の台所「八食センター」その場内に「七輪村」という飲食スペースがあります。場内で売られている魚介類を必要量買って持ち込み、あらかじめ用意された七輪,食器,調味料類を使用して調理できるこのお店。市場で売られている新鮮な食材を自分で調達し、200円という安価でその場で食べられるとあって観光客...

09秋_イギリス

その土地ならではのパン屋さんってありますよね。青森県のご当地パン屋と言えば「工藤パン」でしょう。(発音は「くどぱん」かな(笑))そのKUDOPANの代表商品に「イギリストースト」という菓子パンががあります。食パン2枚の間と上面に、マーガリンとグラニュー糖が塗られただけというシンプルなこの商品、以前記事にしたとき沢山のコメントをいただいて、びっくりした想い出があります。それだけ青森人のソウルに響く商品なんで...

09秋_青森ラーメン

↑カレーと味噌と牛乳そしてバター。。。なんとも食欲をそそられる組み合わせじゃないですか?青森県に単身赴任している間は知らなかったのですが、青森県青森市のご当地ラーメンに「味噌カレー牛乳ラーメン」というものがあるんですってね。「味噌カレー牛乳ラーメン」は、佐藤清という方が札幌ラーメンを東北に広めたいと1968年に青森市に開店した「味の札幌」というお店から1978年(昭和53年)に生まれたものだそうです。昨年末...

09秋_赤のれん

↑肉よりはるかに多いタマネギが当時の経済状況や歴史的背景を表しています。これぞB級グルメ!2001年、仕事で初めて青森県に行き三沢市で宿泊した時、上司に連れて行ってもらったお店「赤のれん」(まるごと青森さま)山盛りのタマネギと甘めのタレに漬け込んだ牛肉を鉄板の上で炒めて食べるというシンプルな料理ながら、醸し出される味が絶品で、かなり衝撃を受けたことを覚えています。その感動を味わってもらいたくて、その後三...
10 | 2009/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -