スポンサーリンク

五所川原市 - 青い森BLOG
FC2ブログ

立佞武多の館の年パス

↑年パスゲット!(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)立佞武多の館の年間パスポートがあると知って、早速購入しちゃいました。「立佞武多の館」 (たちねぷた)■青森県最大の山車■青森県西部、青森市の隣にある五所川原市で夏に開催される立佞武多まつりは、高さ20m以上の3基の巨大な山車(立佞武多)が五所川原市街を練り歩くという火祭りです。町の近代化に伴い消滅、長らく行われていなかったのですが、23年前(1996年)に当時...

TSUGARU

↑せっかくだから吉幾三ミュージアムで買ってきました。(EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)青森県出身のアーティストと言えば、淡谷のり子さん? 三代目J Soul BrothersのELLYさん?RIMGOMUSUME(りんご娘.)さん? 古坂大魔王さん? りんごちゃん? いやいや、やっぱり吉幾三先生でしょう。→RIMGOMUSUME 王林ちゃん 人気ですよね!→りんごちゃんの実家へ食べに行く■吉幾三さんとは?■今から35年前(1984年)、「俺ら東京さ行くだ...

立佞武多2019その2

↑小型のねぷたも迫力満点!(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)素晴らしいお祭り、一回だけの紹介では勿体ない! 「五所川原 立佞武多祭り(たちねぷた)」■立佞武多祭りとは?■青森県五所川原市で行われる祭りのひとつ五所川原の立佞武多祭りは、80年を経て復活した津軽を代表する夏まつりです。 3台の20m越えの大型立佞武多と町内・学校などで制作された中・小型のねぷた約15基が出陣し、細い五所川原の街を例年曜日にかかわ...

立佞武多2019その1

↑駅前に立佞武多が3基集まる姿は圧巻。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)昨年(2018年)に続き、今年も観に行くことができました。  しかも家族と一緒に。(嬉)「五所川原 立佞武多祭り(たちねぷた)」■五所川原 立佞武多祭りとは?■青森県西部、青森市の隣にある五所川原市で開催される立佞武多まつりは高さ20m以上の3基の巨大な山車(立佞武多)が五所川原市街を練り歩くという火祭りです。120年以上前から7階建てのビルに匹敵...

あげたい・アゲイン

↑あげたい、久しぶり! (EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)立佞武多祭を観るべく久しぶりに行った五所川原市、懐かしいお店にも寄ってみました。「あげたいの店 (みわや)」  (食べログ)■揚げたたい焼き■初めて食べた衝撃は今でも忘れられません。白たい焼き、クロワッサンたい焼き、養殖物に、天然もの、餡にバリエーションを持たせたりと今でこそ、いろいろなたい焼きがありますが、昔はたい焼きと言えばどこで食べても見かけも...

立佞武多の館

↑右下は地上3階から観るお客さん。大迫力です。 (EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)幸せなことに立佞武多(たちねぷた)も観に行くことができました。エルム近くでこの看板を観つつ、五所川原市内へ移動。 少し早く着いたので、こちらへ行ってみました。「立佞武多の館」■展示場であり、制作・保管場所■立佞武多は3基あり、一年ごとに一基制作されて3年間使用されます。20m以上もある超巨大なものですから、制作・保管が大変で...

プレイバック1月31日

↑2007年 立佞武多の館 3階から見てもこの迫力(EOS_30D+EF17-40mmF4L)青森の冬は寒く雪深いけど、だからこそ楽しめる感動もあります。五所川原市にある立佞武多の館(たちねぷたのやかた)は夏祭りで使用する本物の立佞武多の保管、来年お披露目される立佞武多の製作風景や製作体験ができる施設です。外は雪、でも館の中では夏が体感できちゃいます。「アタカ」で寒立馬(2006年)五所川原市「立佞武多の館」(2007年)「日本一...

プレイバック8月5日

↑2005年 立佞武多の館から出陣の様子 (EOS_10D+EF17-40mmF4L)青森県五所川原市で毎年8月4日から8月8日に開催される「五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)祭り」1996年、80年ぶりに復活、1998年から夏祭りの運行が再開されました。20mを超える山車が町を練り歩く姿は圧巻!その迫力は青森県内、いや、全国でも有数のインパクトではないでしょうか。20m以上のねぷたの姿はまさに合戦!「立佞武多」(2005年)青森ねぶた...

立佞武多お江戸へ

↑2006年8月に撮ったものです。(EOS_10D+EF17-40mmF4L)毎年1月中旬に東京ドームで行なわれる「祭り」と「食」と「特産品」が一堂に介する大人気のイベントが来年も行われます。「ふるさと祭り2013 日本の祭り・故郷の味」昨年(2011年)は38万人、今年(2012年)は期間中に40万人以上を集客したこのイベント、簡単に言えばデパートなどで行われる物産展の規模拡大版で各地の名産のほか、ご当地グルメや観光案内、伝統的な祭りの...

しじみ汁焼きそば

↑冬に食べる暖かいしじみラーメン美味しかったなぁ。(EOS 30D+EF50mm F1.4USM)五所川原市にあるつがる克雪ドームで行われている農産物や加工品の販売や紹介などを目的としたイベント「第28回ごしょがわら産業まつり」このイベントで「五所川原十三湖 しじみの汁焼きそば」なる一品が登場したとのこと。どんな味なんだろ? う~ん、食べたい。。。↑この大きさが青森県産!(EOS 30D+EF50mm F1.4USM)十三湖でしじみ三昧だ!(20...

一番好きな祭り

↑全高20m以上ある立佞武多 大迫力です。地吹雪パフェトゥエンティを食べた後、折角五所川原に来たからと立佞武多の館(たちねぷたのやかた)へ寄ってきました。青森の夏祭りの中で一番好きな立佞武多、この館に来れば、一年中その巨大で迫力満点のねぷたに会うことが出来るんです。今回で何回目だろう?何度見ても凄い迫力、これが街を練り歩くんだから驚きです。ヤッテマレー!ヤッテマレー!想い出の過去記事2005年立佞武多紹介...

青い森の寒蜆

↑長女の手と比べてください。おっきいでしょ。津軽半島の中程に位置する五所川原市十三湖。青森県で3番目に大きなこの湖は、津軽平野を流れてきた岩木川が注ぎ込み日本海と繋がっている汽水湖です。日本有数のシジミの産地として有名なんですよ。今回は、以前紹介したしじみ亭ではなくドライブイン和歌山へ行ってきました。寒シジミは美味しさも増して値段は夏場の2倍も高くなるらしいですね。アサリよりも大きな日本一のシジミ、...

合戦ねぷた

↑それは観客の顔を赤く焦がすほど、巨大!↑それは天を貫かんばかりの大きさ!弘前の出陣ねぶた、青森の凱旋ねぶたと青森の祭りを堪能し、本日はその締めくくりとして五所川原市で行われている立佞武多(たちねぷた)を観に行ってきました。(東奥日報記事06_8/4)一昨年、昨年とこの祭りを観に来ましたが、やっぱり凄いよ!さすがに合戦ねぷたと言われるだけあって、そのお囃子、踊り、そして立佞武多は巨大で勇壮!祭りの雰囲気は...

ELMの夏祭り

↑こうやって合わせて見るのは初めて!五所川原にあるELM(エルム)で夏祭りがあるというので行ってきました。なんでも弘前ねぷた、青森ねぶたそして花火のコラボ。さらに、ねぷた、ねぷたを引くことが出来るというイベントだそうです。弘前ねぷたと青森ねぶたを同じ場所で見られるというのは珍しいですよね。意気込んで行ったものの本日は雨が降ったり止んだりのあいにくの天気、イベントが始まると、ここぞとばかりに豪雨!それで...
07 | 2020/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -